GLP-1ダイエット18日経過【2004年4/3マンジャロ開始】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

美容


あなたはダイエットを始めようとしているけれど、どの方法が効果的なのか迷っていませんか?最近注目されているGLP-1ダイエットは、注射薬のGLP-1を使用して食欲を抑える方法です。その効果について、マンジャロの経過を追った実験結果をお届けします。

結論から先に申しますと、18日間で2キロ痩せました。

GLP-1ダイエットの仕組み

GLP-1ダイエットは、膵臓から分泌されるホルモンGLP-1を注射することで、食欲を抑え、血糖値をコントロールする方法です。GLP-1は、脳内の食欲中枢に作用し、満腹感をもたらす働きがあります。また、GLP-1はインスリンの分泌を促進し、血糖値の上昇を抑える効果もあります。

マンジャロのGLP-1ダイエット経過

マンジャロは、GLP-1ダイエットの一環として、自身の体験をブログで公開しています。私は食事制限や運動によるダイエットに挑戦した経験がありましたが、なかなか効果が出ずに悩んでいました。
チョコザップも通っていましたが、子供が保育園を卒園、小学校入学と準備の忙しさが重なり
通うことが厳しくなってしまった為、退会して隙間時間に出来る宅トレに変更しました。

GLP-1ダイエットを始め私が処方されたマンジャロは、注射薬を使用することで食欲を抑えることができました。自己注射ですが、一週間に一回、おヘソの横あたりを軽くつまみ、注射器を当てボタンを押すだけです。
痛みはほぼありません。
注射ですので、血液内に薬液が回るのが早くその日の夕方から少しの食事で満足感を得られ食べすぎることがなくなりました。
半減期と言って注射した薬の効果が半分になるのが5日経った位ですので、その頃になると少し食欲が戻りますが、それでも今までの量を食べたいと思わなくなりました。

また、GLP-1ダイエットによって血糖値の上昇も抑えられるため、マンジャロは安定したエネルギーを感じることができました。これにより、日中の集中力やパフォーマンスが向上し、仕事や日常生活にも良い影響を与えました。

GLP-1ダイエットの効果と注意点

GLP-1ダイエットは、食欲を抑える効果があり、食事制限や運動に取り組みやすくなるというメリットがあります。また、血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病の予防や管理にも効果的です。
糖尿病は遺伝する事が多いそうです。父が糖尿病でしたのと、体質が似ているので
気をつけてはいるのですが、子供を出産して落ち着いてきても食欲が衰える事なく現在に至るので
痩せにくい年頃になり、「このままでは糖尿病になってしまう!」と思い主治医のところに相談に行きました。

しかし、GLP-1ダイエットには注意点もあります。まず、GLP-1は注射薬であり、医師の指導のもとで使用する必要があります。また、副作用として吐き気や下痢が生じることがありますが、これは徐々に軽減されることが多いです。
私も一週間位は気持ち悪さがあったのですが主治医に昔処方していただいたプリンペランという吐き気止めがあったので、そちらを飲み落ち着きました。
また極稀ですが膵炎を起こす場合もあるそうです。

【まとめ】
GLP-1ダイエットは、注射薬のGLP-1を使用して食欲を抑える方法であり、血糖値の上昇も抑える効果があります。マンジャロの経過を追いながら行われた実験では、食欲の抑制やエネルギーの安定化などの効果が確認されました。

ただし、GLP-1ダイエットは医師の指導のもとで行う必要があり、副作用にも注意が必要です。自分に合ったダイエット方法を見つけるためにも、GLP-1ダイエットの可能性について考えてみる価値があります。

これと併せて自宅では韓国練習生トレーニングというのもYoutubeやTikTokで動画を検索して
宅トレを行っています。

食生活や運動を気をつけていても痩せないとお悩みの方は専門のクリニックや
内科主治医にご相談されてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました